MIHO’s STYLE

ボンモマン・オーナーブログ

平成の甘酸っぱい思い出♡

平成から新しい元号に変わるので
最近テレビでも、平成懐かし特番がよくあって
見るたびに「あー懐かしなぁ」と、ちょっぴりしんみり。

私はどっぷり「THE昭和の女」と思ってたんですが
考えてみたら、、「平成」の方が倍以上長く生きてるんだなと。

今、気づきましたわ^^;

そんなこんんで、
私もすっかり平成振り返り月間となっております。

で、その懐かしの思い出と共に
当時、気に入っていた曲を思い出していました。

思い出の曲は山のようにあるのですが

おそらく軽く1000回は聞いたんじゃないかな
という曲を、思い出話とともに綴ろうと思います。
(そんな話、誰も興味ないだろうけど^^;)

ちなみに私は、気に入った曲はそればっかりずーっと聞ける人間。
モーツアルトのトルコ行進曲にハマった頃
5時間のドライブ中にエンドレスで流してた時は
さすがに引かれましたが^^;

■■■

中学時代の友人Nは
まだほとんど世に知られてない歌手に
いち早く目をつけては

「これ聞いて!絶対いい曲やから!!」
とカセットテープにわざわざダビングして
持ってきてくれるような子でした。

そして、のちに必ず売れる

そんなセンス抜群の彼女は
モデルになって羽ばたいていきましたけど^ ^

彼女の影響で
デビュー当初からマッキーもドリカムも
がんがんに聞いていた中・高時代。

そして、もちろんミスチルも!

ミスチルは、1stアルバムのeverything
〜4th Atomic Heartくらいまでがお気に入りで

青春真っ只中のドンピシャ世代ってこともあって
本当によく聞きました。

「君がいた夏」に「LOVE」に「星になれたら」に
「Over」に「CROSS ROAD」にand more
選曲が古いな。。^^;

好きな曲はいーーーっぱいあるけれど。
中でも、私が数えきれないくらい聞いたのは


2ndアルバム kind of love最高♡

======
Mr.Children
ティーンエイジ・ドリーム (Ⅰ~Ⅱ)

2ndアルバム Kind of Love 1992年
======

かなりマイナーで、
あまり共感してもらえないだけど^^;

甘酸っぱい10代を思い出しては
ちょっぴり切なくなる

そんな大好きな曲です。

タイトルに(Ⅰ~Ⅱ)ってついてるのは、

後半の最後の部分で、曲調がガラッと変わる。
そう、二部構成になってるんです。

当時は「この後半が邪魔ー!」
と、思ってたんですけど。笑

これがミスチルらしいのかなと。
久々に聞いたんですけど、やっぱり好きです♡

*著作権の問題で最近はyou tubeにもほとんどUPされてないけど
こんな曲→ https://youtu.be/540UctDt1Sg
(YouTubeに飛びます。削除されてたらごめんね)

■■■

福山さんと言えば、やっぱり「桜坂」?

私は、断然「you」が好き。

もうね、イントロのギターに
福山さんの低音ボイスに

当時「もう、あかーん」って、なりました。笑

そして、歌詞がなんとも、、もう、、

こんなに 心震えるから
あなたの そばにいるだけで

こんなに 心焦がれるから
あなたが そばにいるだけで


「DEAR」とか「恋人」とか「SQUALL」とか
Dear: Magnum Collectionアルバムって、かーーーなり名曲揃い。もちろんyouも入ってます。

1999年発売。20年前!
ちょいと古いけど。。^^;

=====
you – 福山雅治 1998年
Dear: Magnum Collection 1999

======

なんて、切ないんだろう。。
you やっぱり名曲だと思うんです。

*著作権の問題で最近はyou tubeにもほとんどUPされてないけど
こんな曲→https://youtu.be/540UctDt1Sg
(YouTubeに飛びます。削除されてたらごめんね)

■■■

次は・・
ちょいと季節外れだけど。。^^;

=====
広瀬香美 / DEAR…again
=====

2018年年末にTV特番で流れてて
懐かしくって。

でね、この曲は…
確か、18か19歳くらいだったかな。

当時、年下の男の子に
猛烈アプローチをされていた私。

年上が好きな私は
「年下なんてムリムリ〜」って
軽くあしらっていたんですね。

が、年下君って、
同年代や年上の男性にはない
パワフルさというか、勢いがすごい。

私の携帯番号と住所を
友人から聞き出したようで
突然、電話がかかってきたかと思ったら

「会いたかったから来た」と。

で、部屋の窓を覗いたら…
外にいる!

はっ!???

しかも真夜中に。
それも雪の降る中に
子犬みたいに寒さに震えながら立っている。

これは計算なのか?
と思うほど・・

君は恥ずかしくないのか?
と、どストレートな好き好き表現のオンパレード。

いやいや、こっちが恥ずかしいわ。。^^;

…と、そんな非常識さに怒りながらも。
一切、気のないそぶりをしながらも、、

次第に向こうのペースに
ハマっていく。。。。

「いや、ムリムリムリぜーったいムリ!!」
と、自分自身に言い聞かせてみたものの

ゾッコンに好きになってしまったんですよ。
単純な私は^^;

で、私は好きになったら
ストレートに言うタチなので。

「好きやねん」と、素直に告白。

で、晴れて両思い。

なんてことはなく、、

おもいっきり
フラれましたがな。。

「ごめん大切な人ができた」と。

完全に立場が逆転してるやん。

この行き場のない気持ちどないしてくれるー!
ほんま、めっちゃ、恥ずかしいわー。笑

そんなこんなで
結局、お付合いすることは一切なく

年下君に振り回されるだけ、振り回されて、、笑
散々な結果に終わりましたとさ。

でも、いい夢見させてもらったなと。

で、しばらくして、、
年下君は私の同級生と付き合い
その彼女と結婚したと、風の噂で聞いたっけな。

DEAR…again
そんな年下君との思い出時間に
よく街で流れていた曲。

年下君の顔は
今じゃ、まーったく思い出せないんだけど

この曲を聞くと
あの頃の切なさが甦って来て
胸がキューンとしめつけられる。

でも、この感覚は決して嫌いじゃない。
とってもいい思い出。

今でも、たまに、この切なさが恋しくなって
100回くらい連続して聞いている。

で、夫が非常に迷惑がっているんやけど。笑

記事一覧

MIHO TSUDA

日常やシゴトへのオモイあれこれ綴ってますので
楽しみながらお読みいただけると嬉しいです。詳しい自己紹介はprofileページをご覧ください^^

関連記事一覧