MIHO’s STYLE

ボンモマン・オーナーブログ

「満席御礼!
沢山のお申込みありがとうございます!!」

同業者ブログの中にある
『満席御礼』の文字を見るたびに
心の中はいつもモヤモヤしていました

それは…
「私と違って、やっぱりあの人はスゴイな」
という相手の才能を羨む気持ち

そして もう一方では…
「あの人より私の方が
素晴らしい商品を提供できるのに」
と相手の商品をどこか卑下する気持ち

矛盾したその二つの思いが
いつも私の心中を占領していたのです

不安・焦り・嫉妬・・・
グルグルグルグルと渦巻いた
マイナスの感情を身にまとい
口からでるのはため息ばかり

「はぁ~ こんなハズじゃなかったのに」

鏡に映るドンヨリとした醜い自分の姿に
心底嫌気がさしていたのでした

2013年1月
大阪の北端「箕面」という少し不便な地に
「自宅料理サロン」をOPENしました

不安の中にも
希望と華やかさに満ち溢れたサロン人生の幕開け

ドキドキしながらも どこか自信があり
賑わう毎日を夢みていたのです

さっそく、記念すべき第1回目となる
料理レッスン説明会を兼ねた「サロンお茶会」をブログで告知

きっと 多くの人がその記事に喜び
反応してくださるだろうと期待しながら…

けれども、そんな期待はあっけなく打ち砕かれ
1か月目のお客様は「たった1名」だったのです

今思えば、それも奇跡。
そして、大感謝すべきことなのですが

それっきり、うんともすんとも言わないメールに
まるで自分自身が全否定されたようで
当時はかなり落ち込みました。

なんの反応もない受信箱を数分おきに覗いては

「問い合わせフォームに不備があるのかもしれない」
と、自分で自分のサロンへ予約を入れてみたりして

そんなメールテストを何度も繰り返し…

気が付くと受信ボックスの中は
自分自身からのメールで溢れていました

その『架空の申込み』をボーっと眺めながら

次はヒトリゴトをブツブツと…
「沢山のご予約を頂きました!ありがとうございます!!」
流行りのアファメーションを唱えるのでした

けれども、そんな「まやかし」を
何百回と頑張ったところで現状が変わるハズもなく…

余計に空しくなっただけなのでした

私は、インターネット上で1度告知すれば
「すぐに人は集まる」と信じて疑いませんでした

だってオンラインの影響力は
スゴイのだから!
世界と繋がってるんだから!

そう、ブログさえ書いていれば
「集客は簡単」だと思っていたのです

なので、その時、私が講じた策は何も無し。

その代わりに
、技術や商品の質を
高めることには
今まで以上に一生けん命、力を注ぎました

「根っからの職人気質」が顔を出し
来る日も来る日も料理の研究に没頭したのです

私の体を心配する夫に
「2,3日の徹夜なんてどってことない。大丈夫。大丈夫!」

と、言いながら、睡眠時間を削って頑張る毎日。

しかしながら そんな努力も空しく
待てど暮らせど誰も来てはくれません

そう 私のサービス(料理レッスン)
「受けたい」と言ってくれる人は
現れなかったのです

お給料はゼロなのに体はクタクタ。
それでも未来のお客様の笑顔を想像しながら…

「絶対大丈夫!
私にはこんなに素晴らしい
料理レシピがあるのだから!」

自分自身にそう言い聞かせていました

けれども、OPENから1ヶ月、2ヵ月、3か月…
その後もサロンには閑古鳥が鳴き続けました。

さすがに精神的にも、金銭的にも、限界に近づき
目から涙がボロボロと。

ついには、身も心も疲れ果て
サロンの夢をあきらめる寸前まで来ていたのでした。

その時、初めて集客が難しいということを知り
「集客が大切だということ」を実感をしたのです。

それまでの私は
「良い商品」さえあれば
お客様は自然に
行列を作ってくれると思っていました

けれども…
「どんなに最高の商品を持っていても
見つけてもらわなければ
価値がない」

要するに、存在しないと同じこと。

たとえ、その商品が
世界一のクオリティだったとしても
じっと待ってるだけじゃ、何も生まれない
知ってもらわなきゃ何も始まらない

誰も知らない工房で
独りひっそりと
作品作りに勤しんでいてもなんら意味をなさない。

そんな当たり前のことに、やっと気が付くことができたのでした

…今思えば
その頃から
シゴトに対する覚悟や責任を
しっかりと
持つことができたような、そんな気がするのです

それからの私は、ため息を吐くのを止め
嘆くのを止め、人を羨むのも止め、

今やるべき、目の前のことを
今まで以上に本気で取り組みました。

前身のサロンホームページ
自力で作り始め、完成させたのもこの頃。

ドメインって何?
サーバーって何?
DNSの設定って何すればいいの?

そんな状態でのスタートでした。

もちろん、今のように、ワードプレスのような便利ツールは出回ってなく

真っ白なメモ帳にHTMLのソースコードを打ち込み
「分からん。分からん」と嘆きながら作った素人丸出しのWEBページです。

↓こんな風に。

一見、無駄な時間に思えるかもしれないけれど

この時、専門家に丸投げせずに
自分で頑張ってよかったと本当に感じています。

なぜなら、今の私を作ってくれたと言ってもいいくらい。
大きな力を与えてくれましたし、

のちに、そのちっぽけな自作HPから
沢山のご縁をいただけることになったからです。

OPENから8か月が過ぎた頃…

急にお問い合わせが増え
前月4名の生徒様だったのが
20名近くものご新規の方からご予約が入ったのです。

そしてラッキーは続くものです

同時期に、企業からのシゴト依頼
。
そして、雑誌取材・関西ローカル番組の出演依頼 etc.

次から次へと夢のような話が
舞い込み始めたのです!!

一体何が起こったの!???
当時の私には見当もつきませんでした

でも、今ならわかります。

それは奇跡でもなんでもなく
積み重ねてきたものが徐々に
形となって現れだしたのです

その頃になると、サロンホームページも徐々に力を増し
上位に表示されるようになっていたり

ずっと書き続けていたブログのある記事が
ヤフー記事、約33,000,000件のうち1位になるなど。

検索エンジンを通じて、サロンを知ってくれる人が多くなりました。

そう、サロンHPとブログサイトの両輪がクルクルと回り始めたのです。

続きを読む
1 / 2
記事一覧

MIHO TSUDA

日常やシゴトへのオモイあれこれ綴ってますので
楽しみながらお読みいただけると嬉しいです。詳しい自己紹介はprofileページをご覧ください^^

関連記事一覧